THE IDOLM@STER

2012年3月6日更新

このゲームは、全国の台がネットワークでつながっているのが前提で作られたものです。
しかし、その肝心のネットワークサービスは2010年9月1日午前2時をもって終了しました。
現在このサイトにある情報はネットワークがつながっていたころのものです。

公式サイトにあった遊び方のページのミラー
公式サイトで見られない時のために、勝手にミラーを公開
(一番下の、ムービー上映中、のリンク先は入れてません)

このページを見るにはブラウザのスタイルシートの機能が必須
スタイルシートの意味がわからなくても、下の3行の文字に、文章どおりの色がついているなら問題なし。
ビジュアルは黄
ダンスは青
ボーカルは赤

●システム
 ゲーム機の呼称 カード 料金 入力できる文字
●ゲームの流れ
 プロデューサー育成の流れ アイドルユニット育成の流れ 毎週の活動の流れ
●アイドルランク
 アイドルランク ランクアップリミット ランクアップ
●プロデューサーランク
 プロデューサーランク ランクアップ/ランクダウン アイドルマスターへのランクアップ条件
●イメージ
 イメージ属性 イメージ値 ユニットイメージメーター
●流行
 流行 オフライン時の流行
●登場人物
 アイドル 芸能記者 その他の人物 CPUプロデューサー 敏腕記者付きCPU
●歌
  持ち歌 飽きられ 新曲スケジュール
●衣装
 ステージ衣装 アクセサリー セット 性能比較 スペシャル / レア 初めから持っているもの
●レッスン
 レッスンの流れ レッスンとテンションの関係 レッスンの種類 レッスンに関する詳細
●コミュニケーション
 コミュニケーション コミュニケーションキャンセル パーフェクトコミュニケーションの為の正解
●オーディション
 オーディションの流れ オーディションとテンションの関係 オーディションの種類 エントリー 挨拶・激励 基本ルール アピールの種類 アピール点計算の法則 アピール点一覧表 審査員 結果発表 結果発表の見方
●お別れコンサート
 お別れコンサート前の会話 お別れコンサート お別れコンサート後の会話 最終評価
●色々

携帯端末用ページ
衣装 残x週→活動暦x週換算 歌姫楽園ローテーション
ネタバレ危険!!パーフェクトコミュニケーション

一覧表印刷用ページ
ステージ衣装 アクセサリー アクセサリー+ステージ衣装 アクセサリー+ステージ衣装(番号なし)

おまけ
凹・_・凹Pの過去の育成ユニット名一覧

かにかにクラブ > THE IDOLM@STER

メーカー直営サイトへ行く
色々
未整理だけど、知っていると得をしたりしなかったりする情報。
テンションアップとダウンが同時に起きた場合
夜、社長からの「アイドルランク報告」の時に、
●ファン数の増減に応じて、テンションがアップダウン
●全国順位の昇降に応じて、テンションがアップダウン
これら2つが同時に発生する。
画面上では一回の変化しか表示されないが、プログラム内部では、先に順位、後でファン数、の順に処理される。
このため、テンション高だがほんの少し減っただけで普通に下がりそうな時に、ファン数増加でアップ+順位下降でダウン、が発生すると、テンションが普通まで下がったのにアップしたマークが表示される。
オーディションの合否によるファン数の増減
それぞれのオーディションに設定されている「獲得ファン数」を基準にして、順位によっては少し変動する。
 1位2位3位4位5位6位
合格+105%+103%+100%×××
不合格×-3%-3%-3%-4%-5%
★30点の場合は更に +10% も追加される。
自分よりも上のレベルのユニットがいるのに、合格すると更に加算があるらしい。(雑誌からの情報)
自分よりも下のレベルのユニットが合格しているのに、自分は不合格だと更に減算があるらしい。(同上)
アイドルがレッスンを希望してくる条件
「メール読んだよ」、「今日で10,20,30週目」、「新曲を出したい」の会話が発生すると絶対に希望してこない。
それらの会話が無かったら条件判定開始。
ユニットイメージ値の順位が1位の属性のレッスンイメージ値を分母に、他の属性のレッスンイメージ値を分子に、割り算をする。
(ユニットイメージ値とレッスンイメージ値の違いに注意!!)
割り算の商が 0.3 以下だと、分子の側になった属性を鍛えるレッスンを希望してくる。
計算される順番は決まっているので、0.3 以下の組み合わせが2つある場合は、ダンス>ビジュアル>ボーカル、の順に優先的に選ばれる。
ユニット
イメージ属性
割り算される
レッスン
イメージ値
商が0.3以下ならば…
ボーカルダンス÷ボーカルダンスレッスン希望
ビジュアル÷ボーカルビジュアルレッスン希望
ダンスビジュアル÷ダンスビジュアルレッスン希望
ボーカル÷ダンスボーカルレッスン希望
ビジュアルダンス÷ビジュアルダンスレッスン希望
ボーカル÷ビジュアルボーカルレッスン希望
条件成立が複数の場合、この表の上のほうが優先的に希望される
(具体例)
レッスンイメージ値は「ビジュアル=0、ダンス=50、ボーカル=50」。
ユニットのイメージ属性は「ダンス」なので、軸にするのは「ダンス=50」。
0÷50=0.0 → 0.3以下なので、ビジュアルのリクエスト条件成立。

メールブーストが指定時間内なのに無効になる
携帯コンテンツ「メールプリーズ」によるテンションアップ、通称「メールブースト」は、指定時刻よりも早く始めてしまった場合は、プレイしている途中でその時刻になっても有効にはならない。
そのままコンティニューしても、やはり有効にならない。
そうなってしまった場合に有効にしたいなら、コンティニューせずにカードを排出させてから、再びカードを挿入してやれば有効になる。
ユニット結成第1週だけの制限
ユニット作りをした週は、
●朝の社長からの「今日の流行情報」がない。
●「オーディション」を受けられない。
●夕方の「ボーナスレッスン」は起きない。
という制限がある。
ちなみに、レッスンのノルマサボリは起きる。
レッスン時のテンションアップ
3回連続で AまたはB(混在も可)でノルマクリアするとテンションがアップするが、4連続以上にしてもそれ以上のアップはしない。
このテンションアップは、通常の場合は 1レッスン=6ノルマ なので 1レッスンあたり1回しかできないが、ボーナスノルマが追加された場合は 8ノルマ になるので途中に C 以下をはさめば2回できる。
オーディション途中の順位表の並び順
オーディションの開始の時は、エントリー番号の小さい順の時と大きい順の時がある。どちらになるかの法則は不明。わかっても役に立ちそうもないが。
中間審査発表の時に、★が多い順に並び変わる。この時、同じ順位が複数人の場合は、その中でのエントリー番号の大きい順に並ぶ。
例えば、順位表が 3,2,1,6,5,4 ならば 3と2と1は同点1位の可能性がある。
アイドルランク境界ギリギリのファン数ダウン
オーディション敗退等でファンが減少するが、現在のランクに上がるときに必要だったファン数より下まで減少することはない。
アイドルの希望レッスンとボーナスレッスン
朝の挨拶の後に、アイドルがレッスンを希望した場合、希望通りのレッスンをするとテンションが上がり、違うレッスンにすると下がる。
夕方にボーナスレッスンが発生した場合も、朝のレッスン希望はそのまま有効。
着替えない着替え
『衣装を新しくする』のパネルを触ると、そこで着替えをした扱いになる。
その後に実際に着替えをしなくても、着替えたものとして会話が進み、着替えによってテンションが変動するアイドルは、それなりの上下もする。
(テンションが変動するタイミングは『衣装を新しくする』のパネルを触った直後。)
ラストコンサートの着替え
ラストコンサートでの衣装選択で衣装やアクセサリーを変えると、ユニットのイメージ値やイメージ属性は通常通りに変動するが、イメージレベルは変化しない。
衣装やアクセサリーは、流行によって能力が変化するが、ランクアップリミットを迎えた週の流行が採用される。
(歌も変えられるが、こちらはユニットのイメージ値は変動しない。)
朝の挨拶の隠し選択肢
朝の挨拶の時に、「休みをとる」を選び、本当に休むかの確認で「休まない」で挨拶に戻ると、普段とは違う選択肢が1つ混ざっていることがある。
歌詞レッスン・表現力レッスンのプログラムミス
これらのレッスン中には、今現在歌っている歌の歌詞が表示されるが、「魔法をかけて!」の『机の中』の部分が『鞄の中』になっている。
(ver1.30でも同じであることを確認済み)
真の仕事ランクE写真撮影(写真集)のプログラムミス
会話中、 SKIP を使ってセリフを早送りすると、私服を着た真と水着を着た真が重なった画像になってしまうことがある。
その時の写真←(クリックするとジャンプ)
(ver1.30でも発生したのを確認済み)
亜美真美のドーム成功エンディングのプログラムミス
会話中、向かって左側に亜美、右側に真美が立っているが、途中で SKIP を使ってセリフを早送りすると、真美が中央に瞬間移動して二人の体が重なってしまう。
(ver1.30では修正済み?)
コミュニケーションの仕事「ランクアップ」の制限
ランクアップした翌週のコミュニケーションの仕事は、「ランクアップ」と書かれたもの一枚だけしか選べない。
(プロデュース第1週目の「コミュニケーション」と同じようなかんじ。)
「ランクアップ」の仕事は、ランクアップした翌週だけしか出現しない。
該当する週に、オーディション・休みをとる・ドタキャン発生、あるいは、仕事をキャンセル(テンションが最低だとたまに発生する)をしてしまって仕事をしないと、もうそのランクの「ランクアップ」の仕事は見たくても見れなくなってしまう。
(解散して、新たにプロデュースしなおせば、また見られるようになる。)
見なくてもゲームの流れに支障はないが、物語部分を楽しむプレイをしていて見たい場合などは注意が必要。
また、複数人ユニットの場合、他の仕事ならば誰と会話するかというパネルをメンバー数分の中から選べるが、ランクアップだけはその前の週までの活動で最も多く(複数同位の場合はその中から運で選ばれる)仕事の会話をしたメンバーの一枚だけしか選べない。
ソロでは出現しないコミュニケーションの仕事
以下の仕事はソロでは出現しない。
複数人ユニット前提の内容のためと思われる。(一部そうではないのも混ざっているが)
 ランクFランクEランクDランクCランクB以上
春香×握手会/サイン会×雑誌取材表彰式
伊織挨拶回り
ライブ(デパート屋上)
××レコーディング(CD)
TVゲスト出演
×
やよい×××レコーディング(CD)×
あずさ×××ライブ(大型ステージ)×
雪歩ミーティング××レコーディング(CD)×
律子×××アルバム発表
レコーディング(CD)
取材(雑誌)
CM撮影(出演)
買い出し××アルバム発表
レコーディング(CD)
ビデオ撮影
×
千早×××××
亜美×××××
開発途中まではトリオユニットだけをプロデュースする仕様だった?
上記の「ソロでは出現しないコミュニケーションの仕事」を、デュオでプレイしても、トリオでないとおかしいセリフが入っているものばかりである。
仕事既読情報のクリアタイミング
レッスン週のコミュニケーションで、どの仕事を終了済みかという情報が記録され、同じ仕事が出ないようになっている。
ランクアップが遅れてしまい、まだやっていない仕事が3個未満になったら、終了済み情報がクリアされ、終了済みの仕事も再び出るようになる。
上記の「ソロでは出現しないコミュニケーションの仕事」の絡みもあるので、クリアされる週はユニットの構成によって異なる。
ランクB・A・Sは「ランクアップ」以外の仕事は共用になっていて、B→AとA→Sのランクアップ時には、仕事の終了済み情報は継続される。
選択肢の自動選択
ゲーム中で何かをプレイヤーが選択決定する場面が多数あるが、これをプレイヤーが決定せずにいると時間切れで勝手に決定されてしまう。
どの場面でどの選択肢が選択されるのかは以下の通り。
朝の挨拶 または 『休みをとる』
選択肢は、どのセリフが選ばれるかは、優先順位がある。
反応は必ずバッドになり、テンションが下がる。
『休みをとる』は選ばれない。
 優先1位優先2位優先3位選ばれない
春香こんばんは、春香うん、おはよう、春香おっはよっ、春香おはよー!春香おはよう、春香君
伊織こんばんは、伊織はぁぁ……、おはようおっはよっ、伊織っおはよー!伊織ー!おはよう、伊織君
やよいこんばんは、やよいはぁぁ……、おはようおっはよっ、やよいっおはよー!やよい!おはよう、やよい君
あずさこんばんは、あずさはぁぁ……、おはようおっはよっ、あずさっおはよー!あずさ!おはよう、あずさ君
雪歩こんばんは、雪歩はぁぁ……、おはようおっはよっ、雪歩っおはよー!雪歩ー!おはよう、雪歩君
律子こんばんは、律子はぁぁ……、おはようおっはよっ、律子っおはよー!律子!おはよう、律子君
こんばんは、真はぁぁ……、おはようおっはよっ、真っおはよー!真!おはよう、真君
千早こんばんは、千早はぁぁ……、おはようおっはよっ、千早っおはよー!千早ー!おはよう、千早君
亜美こんばんは、亜美はぁぁ……、おはようおっはよっ、亜美っおはよー!亜美ー!おはよう、亜美君
『休みをとる』を選んだ後の再確認の『休む』または『休まない』
『休む』を選んだことになり、翌週へ進む。
『休みをとる』を選んだ後の再確認の『解散させる』または『解散させない』
ver1.30から導入。
前週は『休みをとる』で終了してきた場合、選択肢が『休む』または『休まない』からこれらに変化する。
『解散させない』を選んだことになり、翌週へ進む。
つまり、解散のキャンセルはできるが、休むのキャンセルはできない。
『曲を新しくする』または『衣装を新しくする』または『このまま』
『このまま』を選んだことになる。
『曲を新しくする』を選んだ後の再確認の『よし!変えよう』または『やっぱり、やめておこう』
ver1.30から導入。
『やっぱり、やめておこう』を選んだことになり、直前の選択で『このまま』を選んだ時と同じになる。
『オーディション』または『レッスン』
『レッスン』を選んだことになる。
オーディションの『エントリーする』または『エントリーしない』
『エントリーしない』を選んだことになる。
オーディション前の挨拶
選択肢は、『合格したいです』>『練習量では負けません』>『(私を)しっかり見てください』、の順に優先的に選ばれる。
『(ダンスには)自信があります』・『一生懸命頑張ります』は絶対に選ばれない。
反応がグッドでテンションが上がるか、逆にバッドで下がるか、どちらになるかは不定で運まかせ。
オーディション前の激励
選択肢は、『とにかく頑張れ』が必ず選ばれる。
『絶対勝てるぞ』・『ほかに負けるな』は絶対に選ばれない。
反応がグッドでテンションが上がるか、逆にバッドで下がるか、どちらになるかは不定で運まかせ。
レッスンの『このレッスンをしよう!』または『やっぱりやめよう』
『このレッスンをしよう!』を選んだことになる。
コミュニケーションの仕事の選択肢
画面の左上に表示されている仕事を選んだことになる。
コミュニケーションの『この仕事をしよう!』または『やっぱりやめよう』
『この仕事をしよう!』を選んだことになる。
コミュニケーション中の選択肢
最悪の反応になる選択肢が選ばれる。
結果がバッドコミュニケーションになる会話を見たい場合は、全て放置しておけば良い。
コミュニケーション中のタッチパネルイベント
なにもせずに見ているだけ、という内容の会話になり、最悪の反応になる。
見ているだけなのが正解のシナリオがあっても面白いかもしれないが、今(ver1.30)のところそういったものはない。
デュオ・トリオのレッスン振り分けの自動選択
レッスンの振り分けに時間をかけすぎると、まだ振り分けていない残り回数が自動的に、左のメンバー優先で均等に振り分けられる。
例えば、トリオで「0・0・2」と振り分けている状態で時間切れになると、残り 4 が「2・1・1」に分けられ、合計は「2・1・3」になる。
プロデューサーがプレイヤーの指示を拒否する
選択肢パネルをプレイヤーが選択決定した時に、プレイヤーの分身であるはずのプロデューサーが「そうじゃない」みたいなセリフを言って、違う選択肢の行動をするものがある。
●プロデュース第1週の朝の『オーディション』/『レッスン』の選択で『オーディション』
●プロデュース第1週のコミュニケーションの『この仕事をしよう!』/『やっぱりやめよう』の選択で『やっぱりやめよう』
●活動停止決定の朝の『正直に切り出す』/『ウソをついてごまかす』の選択で『ウソをついてごまかす』
"THE IDOLM@STER" 英語版歌詞
I never look back at my negative past, 'cause my legend has just began today.
You may perhaps take it as a silly behavior, right?
But I think it's also needed to be self-conceited and audacious.
Sometimes, being shy is only a ridiculous attitude.
Be pure, be clean, be steady, I'm so fed up!
I want to take the significant step for my future.
Progress toward a dream everyday, not vaguely but intentionally.
When I'm feeling sad, I simply weep like a artless child and then I'm free from any stress.
Sweets always make me very happy even if unsympathetic words hurt my feelings.
I feel sorry to spin you around depending on how I am, but I can't stop teasing you!
I love new things and I know a lot too.
Nothing is more good than a little present for me.
I can overcome even pains that men can't live with, because I'm an "ADVANCED MEDIA CREATION GIRL"!!
おまけ

(C) 2000-2016 KANIKANI